……まったり日記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
大ティモさん御乱心?
またしばらくメタルから遠ざかり気味でした。
睡眠不足が続いて疲れている筈なのにかえって眠れなくなって、同時にデス声が雑音にしか聞こえなくなるというのがここ数ヶ月でしたが、そろそろ落ち着いて来て、メタルが聴きたくなったのでじんわりとチェックして回っています。
Read more ...
| 23:16 | メタル | comments(0) | - |
R.I.P.
SentencedのギターでありメインソングライターでもあったMiika Tenkulaが2月19日に亡くなったそうです……。
享年35歳。亡くなるにはまだ早すぎる。非常に残念です。

Sentencedはフィンランドのメタルバンド。
初期はメロディックデスだったけれど、ヴォーカルがVille Laihialaに変わってからゴシック寄りの暗く悲しく叙情性溢れる、彼ら曰く「ノーザンメランコリックメタル」という音楽性になりました。
既に解散していますが、今でも大好きなバンドです。
解散後、Vesa Rantaは写真家として、Ville LaihialaはPoison Blackでそれぞれ活動されているのは知っていたけれど、他のメンバーの消息は知りませんでした。
特に心配するでもなく、それぞれまた違った音楽活動をされているのだろうと思っていたのですが、まさか亡くなったとは。

ご冥福をお祈りします。

しばらくSentencedを聴いて過ごそう……。
ちなみに私がSentencedを知ったきっかけは、昔「ヘヴィメタル王座決定戦」というイベントのビクターブースでもらったサンプルCDに収録されていた『Killing Me Killing You』でした。
美しく物悲しい曲にVille Laihialaの慟哭のようなヴォーカルが合わさって、泣きそうになったな……。
泣けてきた。
| 14:35 | メタル | comments(0) | - |
最近のメタル……というかここ数ヶ月に聴いたもの
ちっとも最近じゃない。8月以降。
年を取ったもので、ここ最近80、90年代の曲が懐かしくてたまらず、iTunesのミュージックストアでポチポチと買って聴いていました。勿論メタルじゃなくて。
それらと平行して、やっぱりメタル。

Scar Symmetry『Holographic Universe』
Scar Symmetry『Holographic Universe』
スウェーデン産メロディックデス。
ノーマル声率が高くて聴きやすいです。

Kiuas『Reformation』
Kiuas『Reformation』
Kiuas『The New Dark Age』
Kiuas『The New Dark Age』
フィンランド産の……カテゴリなんだろう。最近難しいな。
メロディックメタルっぽくもありつつメロデスっぽくもある。
『The New Dark Age』は夏のヘビロテでした。

DragonLord『Rapture』
DragonLord『Rapture』
これは随分昔のですが未聴だったので。
Testamentの中の人たちによるプロジェクトで、ドラゴンなんちゃらというとクサいメロディックスピードメタルを想像しそうですが、こちらはブラックメタル。

Carnal Forge『Testify for My Victims』
Carnal Forge『Testify for My Victims』
スウェーデン産デスラッシュ。
元In Thy Dreamsの中の人。前作はジャケがなにげにグロ画像だったので、今回はほっとしています……。
前作はちょっと聴いていて後半ダレて来たんですが今回はそんな事無く。ちょっとメロディックになっていたと思います。

Poisonblack『A Dead Heavy Day』
Poisonblack『A Dead Heavy Day』
フィンランド産……ノーザンメランコリックメタル(Sentencedに倣って)。
解散したSentencedのVo.ヴィレのバンド。
Sentencedのような「絶望」「慟哭」さはないけれど、メランコリックでヘヴィな曲です。このまま確立して行って欲しい。

Kittie『Funeral For Yesterday』
Kittie『Funeral For Yesterday』
アメリカ産。ガールズバンドのキティちゃん、というとキュートでポップなイメージですが……凄まじいまでに裏切られます。

Keep of Kalessin『Armada』
Keep of Kalessin『Armada』
ノルウェー産ブラックメタル。

Satyricon『Volcano』
Satyricon『Volcano』
Satyricon『The Age of Nero』
Satyricon『The Age of Nero』
ノルウェー産ブラックメタル。
『Now,Diabolical』から聴き始めたので、今回の『The Age of Nero』の前に前前作『Volcano』も聴いてみました。
普段聴く傾向からすると「Fuel For Hatred」が聴きやすいのだけど現状「Black Lava」をぐるぐると。
| 23:53 | メタル | comments(0) | - |
来日公演
Children Of Bodom来日公演に行ってきました。

会場外
Read more ...
| 23:31 | メタル | - | - |
最近のメタル
本当に最近。

Firewind『The Premonition』
Firewind『The Premonition』
ギリシャ出身のギタリスト、ガス・G率いるメロディックメタルバンド。
以前ラジオで聴いて気になっていたので、国内盤を購入してみた。
ちなみにDream Evilも好きです。

Agonizer『Birth / The End』
Agonizer『Birth / The End』
もうかれこれ4年は前にミニアルバム(というかシングル?)をたまたま聴いて知った、
フィンランド産メロディックメタルバンド。
いつまで経ってもアルバムが出ないので空中分解したのかと思っていましたが、去年アルバムを出していたんですね。
ごめんなさい。
ヴォーカルが嗄れた感じなので、その辺り好みは別れるかと思うけれど、北欧らしいいいバンドです。

ちなみに4年前に購入したもの↓
Agonizer『World Of Fools』
Agonizer『World Of Fools』


さて、これからScar Symmetryを入手してくるかね。
Kiuasというバンドも気になる。
| 23:38 | メタル | - | - |
最近のメタル
最近と申しましても4月からです。

まずは大本命……
Children Of Bodom『Blooddrunk』
Children Of Bodom『Blooddrunk』
フィンランド産メロディックデス。
アルバム発売前にチケットとってしまったよ。
前作より微妙に3rdあたりの雰囲気がある気がします。
格好いいしやっぱり好きなんだけど、個人的には3rdの『Follow The Reaper』がいちばんです。

Eluveitie『Spirit』
Eluveitie『Spirit』
スイス産ペイガンメタル。
『Slania』がよかったので遡ってみた。

In Flames『A Sense of Purpose』
In Flames『A Sense of Purpose』
スウェーデン産メロディックデス。
なぜだろう……In Flamesは1枚おきにツボるんです。
『Colony』から聴き始めて『Reroute To Remain』『Come Clarity』……。つまり。

Novembre『The Blue』
Novembre『The Blue』
イタリア産ゴシックメタル。

Northern Kings『Reborn』
Northern Kings『Reborn』
フィンランドのメタルシーンのヴォーカリスト四天王が結成したバンドだそうです。
Marco Hietara、Tony Kakko、JP Leppäluoto、J. Aholaの4人。
ちなみにマルコが大本命。
カバーアルバムなんですが、原曲から結構いじってあって一瞬分からなかったり。

Ihsahn『Angl』
Ihsahn『Angl』
ノルウェーのブラックメタルバンドEmperor(解散済)に所属していたIhsahnのソロ2作目。
Emperorの流れを汲んでいて荘厳な雰囲気。
同じ元EmperorのSamothたちのZyklonは全然違うのにな。

Kalmah『For The Revolution』
Kalmah『For The Revolution』
フィンランド産メロディックデス。
私の大好きな昔のCOBのような……と言ったら失礼か。
でもその辺りが好きな人にはたまらないと思います。
Ihsahn『Angl』と並んで最近のヘビーローテーション。
| 23:09 | メタル | - | - |
チケット確保
土曜夜中1時から始まったラジオ番組『Power Rock Today』で、私の最愛のバンドChildren of Bodomの来日公演チケットの先行予約をやっていたので、開始直後に電話したら余裕で繋がった!

世の中のメジャーバンドのチケット取りの壮絶さを耳にはさむたび「すごいな……」と溜め息をついているのですが、私はそういうのに縁がないようです。
デスだしな……。
まあそんなこと構うもんか。盛り上がって来ますよ。

……肝心の新アルバムはまだ発売前。
これが自分的に盛り上がらなかったら微妙な気分で公演に行くことになるわけで、もうちょっと検討する時間をくれませぬかのうと思ったのですが、BlooddrunkとTie My Ropeを聴いた限り空振りはなさそうです。
| 02:39 | メタル | - | - |
最近のメタル
……ていうより、私が個人的に最近聴いているメタル。
リリース年を見ると結構前の物ばかり。

一応最近リリースされたものだと
Eluveitie『Slania』
Eluveitie『Slania』
スイス産のペイガンメタルって帯には書いてあったかな。
なんだか最近細分化され過ぎて、ヴァイキングメタルとかフォークメタルとかなんだかかんだか。(そういえばポルカメタル、Finntrollなんてのもあるな)
要はペイガニズムとか民族主義要素を含むメタルと言うことらしい。
このEluveitieは、ケルティックなDark Tranquillityっていう感じです。
古楽器を用いた哀愁漂う音と女性ヴォーカルと男性デス声のメタルが絡み合って、非常に好みです。ヘビロテ中。

以下はリリース年は結構前のもの。

Dark Tranquillity『The Gallery』
そういえば、Dark Tranquillityの『The Gallery』……やっと聴いた。
名盤とされているのにね。
『Projector』から入ったので、後回しにしてしまってた。
でもなぜかPunish My Heavenは聴いたことがあって、いつどこで? と思ったら、ヘヴィメタル王座決定戦のトイズファクトリーブースで貰ったサンプルテープでだった。
いい曲です。

Daysend『Severance』
Daysend『Severance』
オーストラリア産メタルコア。

Emperor『1 X Equilibrium』
Emperor『1 X Equilibrium』
The Source of Icon Eが聴きたくなったので。
って、これを初めて聴いたのもトイズファクトリーのサンプルテープだった。
気になっていたなら当時さっさと買っておけばよかったのに、現在国内盤死亡。

The Kovenant『Animatronic』
The Kovenant『Animatronic』
これ、ノルウェーのブラックメタル勢が作ったものだそうなんだけど、それを期待して聴くと裏切られると思う。
女性ヴォーカルが強く出た、シンフォニックでインダストリアルな曲が多いです。
不思議な感じだ……。
| 01:32 | メタル | - | - |
雄々しく
メタルから離れること数ヶ月。
理由は、疲れが溜まっていたのとオーディンスフィアのサントラばっかり聴いていたから。
お正月休暇とアップ休暇で今月は半分お休みなので、たっぷり睡眠を取る生活をしていたところ、久しぶりに雄々しいメタルが聴きたくなった。

Primal Fear『New Religion』
Primal Fear『New Religion』

Iron Savior『Megatropolis』
Iron Savior『Megatropolis』

ラルフ・シーパースはハイトーンでピート・シールクは野太い。
それぞれ声のタイプは違うけど、どちらもスピーディで雄々しく力強く、魂が奮い立つ。

Soilwork『Sworn To A Great Divide』
こちらは随分前に買ったSoilwork『Sworn To A Great Divide』。
メンバーの脱退(しかもリーダーだよ……)があったりで揺れたようですが、私は前作より好きだなぁ。
頑張れSoilwork。
| 21:58 | メタル | - | - |
微妙にメタル休み中
ここ2.3ヶ月ほど、あまりメタルを聴かない生活をしていました。
とはいえ、積極的でないというだけで全く聴かなかった訳ではなくて。
もともと疲れがたまるとメタルのCDを買わなくなってくるので、きっと疲れていたのかなと思います。
元気があふれている時はデス声を聴きながら就寝するけど、それが雑音に聞こえて来たら静養のサイン……我ながら変なの。

Symphony X『Paradise Lost』
Symphony X『Paradise Lost』
何年ぶり?

Still Remains『Serpent』
Still Remains『Serpent』

などを聴いていました。
あとは例によってiTunes Storeでいくつか。
Violent Work of ArtとかShadows Fall、Beyond The Embraceとか。

そうそう、Nightwishも聴いています。

Nightwish『Dark Passion Play』
Nightwish『Dark Passion Play』

ヴォーカルのターヤ・トゥルネン解雇から、後任がなかなか決まらないみたいだったのでどうなることやらと思っていたんですが、新ヴォーカルのアネット・オルゾン、結構好みです。
声楽や教会音楽を学んだターヤとは違うスタイルだけど、実はターヤより好きかも……メタルに合っているというか。
ツォーマスの書いた歌詞が、当時のゴタゴタの心境の吐露だとあったけど、読んでみると確かに。ターヤに対して怖いくらい吐き出してますな。

Nightwishを聴くきっかけになったのがマルコ・ヒエタラ(b)の加入だったんだけど、マルコとその兄のバンドTarotも忘れないでください……。
Nightwishでマルコはバックヴォーカルとしていい味を効かせているけど、やっぱりメインで聴きたいんだなぁ。こちらではもちろんメインヴォーカルです。
いいバンドなんだけど、ゼロ・コーポレーション閉鎖以来国内盤が出ませんよ。
……という訳で、最新のアルバムを載っけておきます。↓

Tarot『Crows Fly Black』
Tarot『Crows Fly Black』
| 23:36 | メタル | - | - |